MENU

ポケットwifiも多様化しています

複数の機器を同時接続可能なポケットwifiは、スマートフォンやタブレットを利用している人にとって有り難い存在です。
最大通信速度が225Mbpsに達する規格を持つ機種も登場していることから、ポケットwifiと通称呼ばれるモバイルwifiルーターの人気は上昇しています。

 

通信回線速度の上昇に伴い、回線を逼迫させる使い方をする利用者の登場がポケットwifiの通信環境に影響を与えかねないと懸念されたこともあり、LTE回線を利用したポケットwifiでは高速月間通信容量を7GBまでとする制限を設けることが一般的です。

 

超えた場合には最大通信速度を0.128Mbpsの状態で月末まで使うか、追加料金を払って速度制限を解除すると良いのです。利用料金の公平性と回線逼迫を避ける措置となります。
しかし、一部の利用者からは月間通信容量無制限プランを求める声があることから、都市部を中心とした限られたエリアになりますが別の通信方式を利用した場合に限り月間通信容量無制限プランが登場しています。

 

ポケットwifiの機能としてLTE回線に追加されている機種のみに対応します。
AXGPを利用したアドバンスモードに対応している機種では、LTE回線が7GBに達していなければAXGP回線を使用した通信に関して月間通信容量無制限となるオプションを用意しています。
また、Wimax2+を利用可能な機種では最初から月間通信容量無制限プランを選択可能にすることでWimax2+のみで通信してもらえるようにポケットwifi販売時から専用機能の機種を登場させるなど、回線帯域に余裕のある通信網へデータ通信を流す工夫をしています。

 

ポケットwifi契約時には、利用場所により使える回線が異なるので詳細なエリア検索が重要となります。