MENU

ポケットwifiの利用契約と縛りの制約の関係

ポケットwifiがあると、インターネット利用ができる場所を増やすことができます。

 

自宅に据え置き型のwifiルーターを利用している場合には、その環境をポケットwifiで屋外にも設けることができます。
自宅で無線通信を行う要領で、ポケットwifiにアクセスしインターネット接続が可能です。

 

この利便性から、自宅では据え置き型のwifiルーター、外出先ではポケットwifiを持ち歩いてネットサービスを利用するというスタイルが取り入れられつつあります

 

ポケットwifiを使い始めるには通信事業者との契約が必要になり、その際に契約に従って縛りが発生する点に注意しなければなりません。
一般的に2年間に渡り、解約が自由に行う事ができない制約が発生します

 

この2年縛りの契約条項が有効である間は、もし事業者と契約を解除した場合には違約金の支払い義務が発生します。
ポケットwifiの利用契約を交わしたものの、将来何らかの理由で解約したいと考える場合もあります。
そのような時、2年縛りの存在についてあらかじめ念頭に入れておく必要があります。

 

ただしこの制約により、格安で通信サービスが利用できたり通信機器を安く購入できるメリットもあり、必ずしもマイナスの部分だけではありません。
また契約期間の縛りは、自動更新の取り決めになっている場合があり注意が必要です。

 

一定期間が過ぎ縛りが失効すした場合、新たに同じ契約が有効となり、引き続いて解約時に違約金が発生する制約を受けます。
自動更新が有効な場合、違約金無しで解約できるタイミングは短いため、いつペナルティなしで解約できるのか契約日を参考にしながら時期をあらかじめ把握するのが無難です。