MENU

ポケットwifiの破損や故障に関する事例

ポケットwifiを使用すると、wifi通信できる端末でネットの通信接続が可能になります。
wifiはローカルなネットワーク向きで、電波が届く距離は限られています。

 

ポケットwifiはモバイル通信でキャリアの通信ネットワークに接続し、wifi機器向けに通信環境を作り出すことができます。
ポケットwifiが一つあれば、ノートパソコンでも携帯ゲーム機でも場所を選ばずにネット接続ができるのが便利です。

 

このポケットwifiも機械である以上は、使用中に何らかの原因で故障する事態は考えられます。
その場合、通信環境をできるだけ早く復旧させるために、修理などの対策が求められます。

 

ポケットwifiの故障や破損の事例として、液晶画面の割れがあります。
液晶画面にはガラスが用いられデリケートな部品であるため、強い衝撃を受けるとヒビ割れが生じます。
たとえ軽微な割れの状態であっても、使い続けているうちに負荷がかかってしまい、ヒビ割れ部分が広がる事が多いです。

 

そのためいずれにしても、液晶部分の部品交換は必要になります。
またポケットwifiが故障する原因には、ボタンの接触不良なども例として挙げられます。
ポケットwifiは電源の切り替えなどのため、少ないながらボタンが採用されています。
ボタン操作の回数が増えると、部品が消耗して正常に機能しなくなるため、部品交換しなければなりません。

 

その他、ケーブルを接続する端子の破損も、故障の可能性としてあります。
ケーブルの脱着で端子部分が摩耗したり、あるいはケーブルを接続した状態で強い負荷がかかり破損するケースがあります。

 

このようなポケットwifiの故障に対し、メーカーや修理業者では修理対応を行ってくれます